【デイズ男性ハイステイタス恋活マッチングサービス】
待って見つける恋人!毎日1名年間365名を無料紹介

結婚相手の親の自宅に行く

結婚相手の親の自宅に行くのは、二人が結婚することを承諾してもらう挨拶のためでしょう。
もちろん、法律的には社会人である二人ですから、承諾をもらわなければならない理由はありません。
しかし、新しい家族となるのですから、これからの生活を考えるときちんと挨拶をしておくべきでしょう。

 

結婚相手の親にどのように挨拶をすればいいのか、よくわからない人が少なくありません。
ただ、テレビドラマなどでよく見るシーンを思い浮かべればいいのではないでしょうか。
「○○さんを僕に下さい」と彼女のお父さんにお願いするシーンです。

 

もちろん、彼女はお父さんの物ではありませんから、下さいとは何を考えているのかと反論する人もいるでしょう。
しかし、これは言葉を文字通りに解釈してしまう人だけです。
物のやり取りをしているわけではなく、気持ちとして自分の家族になってほしいと言っているだけでしょう。

 

インターネットで挨拶の仕方を検索してみると、下さいと言う表現はよくないと記載されています。
実際にはその場の雰囲気で臨機応変にすべきでしょう。
さて、彼女の自宅に行って、どう行動すればいいのかわからないとしても、目的は結婚することを二人で決めたのであり、それを報告するために行くのです。

 

初めての経験になることがほとんどですから、場慣れしているはずはありません。
それは親の方もよくわかっています。
スムーズに言葉が出なかったり、緊張して汗をかいたりしたとしても、それは笑ってくれるでしょう。

 

彼女が育った家庭がどんな雰囲気なのかは親の態度を見ればわかると言います。
ざっくばらんに対応してくれる親なら安心してください。
ただ、気兼ねなく話せたとしても、きちんと敬語を使わなければなりません。

 

結婚相手の親としてではなく、目上の人に対する礼儀です。
社会人としての常識が問われることになるでしょう。
それだけで結婚を反対されることはないとしても、不安を感じさせるような行動は避けたいものです。

 

遠方に住んでいる場合は、自宅で一泊するケースもあります。
また、夕食にアルコールが出るかもしれません。
決して飲み過ぎないようにしてください。
インターネットを検索すると、挨拶で失敗した経験談がありますから、参考にしましょう。