【デイズ男性ハイステイタス恋活マッチングサービス】
待って見つける恋人!毎日1名年間365名を無料紹介

結婚できない息子と老後

自分たちの老後を考える時に、息子や娘からのサポートを期待している人は多いでしょう。
ただ、結婚できない息子であればどうでしょうか。
息子には任せられないと思って、自分たちで老後の計画をするのではないでしょうか。

 

もちろん、息子には結婚できない状況を改善してほしいと思っていますが、その思いだけではどうしようもないことも事実です。
親が何を言っても、息子には届かないケースも少なくありません。
したがって、自分たちの老後は子どもたちの面倒にならないことを前提として計画を立てなければなりません。

 

今住んでいる家に、息子が同居しているなら、結婚できない状況でも家を出て行くように言いましょう。
この家はお父さんとお母さんの財産なのだと話すのです。
もちろん、遺産として分ける分は問題ありませんが、親の家を当てにして、いつまでも実家で生活している息子には、けじめを付けさせなければなりません。
もし、充分な収入がなくて、自活できない状況であれば、結婚できない以前に生活できないのですから、生活を改善してもらわなければなりません。
障害者などやむを得ない場合を除いて、自分だけで生活していくことが求められているのです。

 

老後のことを心配しているから一緒に住んでいると言われたら、それは間違っているとはっきり説明しなければなりません。
親の老後の心配よりも自分の心配をすべきだからです。
結婚できない状況は年齢と関係ありません。

 

ただ、30代、40代になると次第に結婚の選択肢がなくなっていくのは事実です。
しかし、自分から相手を求めるようにすれば、いずれ結婚相手は見つかるものです。
もちろん、偶然の出会いを期待することは現実的ではなく、結婚相談所などでセッティングをしてもらうことが必要です。
どのような形であれば、自分が思うことが大切です。

 

親のことを理由にして、結婚できないと思っているなら、その気持ちを切り替えさせてください。
親は二人だけでしっかりと生きて行くから、あなたは好きな人を見つけて、結婚してほしいと言いましょう。
重要なことは、息子に対してきちんと意思表示をすることです。
息子が家にいる状況を歓迎しているなら、それが結婚できない原因になることもあります。