【デイズ男性ハイステイタス恋活マッチングサービス】
待って見つける恋人!毎日1名年間365名を無料紹介

結婚できない息子の問題


 

 

30代、40代になっても結婚できない息子を持っているお母さんが何とかして結婚させようとヤキモキしている話はよく聞きます。
しかし、結婚できないことが息子にとってどのような問題なのかをしっかりと認識することが重要です。
もちろん、親子で考えが違う場合がほとんどでしょう。

 

多くの場合、本人は結婚できないことを問題と思っていません。
若い時に結婚しないと、その後は一人で暮らした方が気楽だと思ってしまうのでしょうか。
もちろん、女性に対して興味がないわけではないでしょう。

 

出会いのチャンスがなかったために、結婚できない状況になっているだけです。
何度も結婚したい相手がいたけれども、結婚まで至らないケースもあるでしょう。
結婚したいと思っているけれども結婚できない場合、重要なことは自分の方に問題がないかを考えてみることでしょう。

 

もちろん、それなりの出会いがなければ結婚に至りませんが、自分の理想の相手ではなくても、妥協することで結婚できるケースも少なくありません。
お母さんが一番心配している息子のタイプは、結婚する意志がまったく見られない場合です。
本人は何とも思っていないけれど、お母さんがヤキモキしてしまうのでしょう。
そこで結婚できないことでどのような問題が生じるかを考えてみます。

 

一番わかりやすいのは高齢になった親の面倒を誰が見るかということです。
息子が結婚していないため、仕事をしながら一人で親の面倒を見ている話を聞くことがあるでしょう。
もちろん、親の面倒を見てもらうために結婚するわけではありませんが、実質的には結婚していれば二人で面倒を見ることができます。
親としても、そのような状況は避けたいと考えますから、老人ホームに行くための資金を貯めている人もいます。

 

男性が女性に興味を示さないとしても、本人に問題があるとは限りません。
夫婦になることで新たなトラブルを抱え込むこともよくあることだからです。
そのような面倒に巻き込まれるよりも、一人でいた方が気楽だと思うのです。

 

結婚話を持ってきて、見合いを迫ることよりも、家族でこれからのことを話し合ってみてはどうでしょうか。
体が動かなくなった時に、どのような生活をして行くかを話し合うのです。