【デイズ男性ハイステイタス恋活マッチングサービス】
待って見つける恋人!毎日1名年間365名を無料紹介

結婚相手の親への挨拶のマナー

結婚相手の親の家へ行き、挨拶をするのはごく一般的なことでしょう。
ただ、実際に挨拶をする機会はほとんどなく、人生の中で大きな緊張を強いられると考えている人も少なくありません。
しかし、そこまで大げさに考える必要はなく、一つの通過点に過ぎないことを認識しておいてください。

 

あなたが彼女に結婚しようと話をした時と同じです。
注意しなければならないのは、結婚相手の親は自分より年上の大人であり、あなたにも大人としてのマナーを求めている点です。
具体的にどのようなマナーが必要なのでしょうか。

 

おみやげを持って行くのは当然ですが、渡す時の言葉に注意していください。
「つまらないものですが」と切り出すケースは少ないですが、つまらないものをもらいたくないと思ってしまう親もいます。

 

それは言葉のあやなのですが、それを言葉通りに取ってしまう子どものような親も実際にいるのです。
そこで「地元で人気のお菓子」と言った表現が好ましいとされています。
ただ、おみやげ一つでここまで気を配らなければならない相手なのでしょうか。

 

彼女と付き合い始めた時に、すでに面識を持っているケースもあります。
このような場合はかしこまった場を設ける必要はありませんが、世間話のついで結婚の挨拶をしてはいけません。
何事にもけじめが重要です。

 

これまではざっくばらんな自分ばかりを見てもらっていたとしても、今日はピシッと決めていますと言う雰囲気を強調しましょう。
そして、必要以上に砕けた言葉遣いは避けてください。
できるだけ敬語を使うのです。

 

具体的にどのような言葉を使えばいいのかわからない人が多いため、インターネットにはたくさんのマニュアルが掲載されています。
それを読んでおけば、ある程度頭に入っていることでしょう。
適度な緊張も重要です。

 

その緊張感が新鮮さと真剣な態度に出てきます。
結婚相手の親が見違えるような姿を見せてください。
これから二人で手を取り合って家庭を築いていくのですから、その決意を示すのです。

 

それができれば、親は安心します。
もちろん、人生にはいろいろなことがあり、残念ながら分かれる場合もあるでしょう。
それでも、挨拶をした時のイメージを思い出してもらえるようにしたいものです。