【デイズ男性ハイステイタス恋活マッチングサービス】
待って見つける恋人!毎日1名年間365名を無料紹介

結婚相手の親への対応

これから結婚相手の親に挨拶に行こうとしているなら、かなり緊張しているのではないでしょうか。
身だしなみに気を付けて、家に入ったらどのような言葉で話そうかと頭の中でいろいろとシミュレーションをしていることでしょう。
もちろん、たくさんの予備知識を持っておけば、結婚相手の親に対する印象はよくなるでしょう。

 

やってはいけないこと、やるべきことをきちんとすれば、社会人として立派だと思ってもらえるからです。
それでは、どのようなことをやればいいのでしょうか。
少し考えてみてください。

 

まずは服装ですが、一般の会社員として仕事に行く程度で十分です。
結婚式の出席のような、ちょっとしゃれた服装ではなく、地味な感じがいいでしょう。
男性も女性もスーツが無難です。

 

もちろん、よれよれではなく、きちんとアイロンをかけておくことは基本的でしょう。
スーツを持たないのであれば、派手にならないようなジャケットをおすすめします。
下のワイシャツも同様です。

 

それから家に入る時には、きちんと挨拶をしましょう。
大きな声を出す必要はありませんが、相手にきちんと聞こえるように「こんにちわ」などの通常の挨拶をしましょう。
部屋に通されたら、座る場所も注意してください。

 

床の間に近いところから上座です。
ただ、多くの場合はこちらに座ってくださいと言われることが多いですから、言われた通りに座ればいいだけです。
変に固辞してはいけません。

 

そして、一番重要な結婚の話を切り出すのですが、重要なことは何のための挨拶なのかを意識することです。
あなたが男性なら、「娘さんを僕に下さい」とお願いしに来たと考えることが多いでしょう。
しかし、それはもう昔のことです。

 

現代における結婚は二人が合意すればそれで十分です。
それならば、なぜ結婚相手の親に挨拶をするのでしょうか。
それは結婚を了解してもらうとともに、これからの関係を良好にするためです。

 

だた、親の方にしてみると、この男性に任せて大丈夫なのかと不安になる可能性もあります。
そのような不安を抱かせないようにすることが重要となるのです。
自分の見た目や行動が相手の親からどのように見えているのかを想像してみましょう。
もちろん、初めてのことですから、緊張してしまって思った通りのことができない場合も少なくありません。